生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせられる

 

女性イメージ東進ハイスクールの授業はおよそ1万種類。
そのすべての授業を最先端の教育システムである『t-POD』により映像配信しているので、個別に受講でき、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。

映像授業は、言い換えれば通信講座です。

予備校の通信講座と聞くと、あまり身につかないのではないかと、良い印象を持っていない人も多いかもしれないですね。ですが、東進衛星予備校は遠方な塾生には便利なものですし、東進ハイスクールに直接通っている人は予習・復習にも活用できるのがいいところ。

塾生のクラスのレベルが2つや3つにしか分けられていない場合、授業がもの足りなかったり、その逆についていけない可能性もありますが、東進ハイスルクールは学習レベルが12に分割されているので、自分の進度とぴったりあったクラスが見つかるはずです。

進路指導の面では、合格指導面談の他に、授業の進み具合や模試の結果をチェックするグループ面談がおこなわれていて、大学受験に不安や迷いを感じている塾生もがっちりサポートしてくれます。